2016年度(2016.4.1〜2017.3.31)

6つの事業内容

 

1.意見交換会

「LGBTの医療と福祉」をテーマに、LGBT当事者と区職員の意見交換会を年間4回実施します。

 

2.啓発活動

LGBTなどの性的マイノリティに対する理解を広めるために講演会を行います。今年度は「LGBTの医療と福祉」をテーマに実施予定です。医療、福祉に従事する人だけでなく、一般の人にも分かりやすい講演会にします。

 

3.LGBT電話相談

第1〜4水曜17時から22時まで(1回5時間)のLGBTに関する電話相談を行います。電話相談を利用できない聴覚障がい者の方などは、対面相談も可能です。

 

4.コミュニティスペース

毎月2回、淀川区内で交流スペースを区民に提供します。家や学校などでは得にくいLGBTの情報を、参加者との交流のなかでで得られたり、図書館などでは手に取りにくいLGBTに関する本を読んだりすることもでき、その人に合わせて自由に過ごすことができます。また、専門の相談員による予約制相談会も実施します。

 

5.パネル展

LGBT当事者の声を10枚のパネルにまとめ、啓発展示物として活用します。パネルデータについては、自治体等で広く活用していただけるように、ダウンロードできるようにします。

 

6.リーフレット作成

意見交換会での声をもとに「LGBTの医療と福祉」リーフレットを作成します。関係機関などに配布予定です。また、リーフレットデータをダウンロードできるようにします。

 

 

 

2015年度(2015.4.1〜2016.3.31)

6つの事業内容


1.意見交換会

LGBT当事者と区職員の意見交換会を年間4回実施します。テーマに関係のある部局の職員が参加することによって、具体的な施策につなげます。


2.啓発活動

LGBTなどの性的マイノリティに対する理解を広めるために講演会を2回行います。1つは職場環境に関するテーマ、もう1つは教育に関するテーマで実施予定です。どちらも基礎知識を含め、初めての方にもわかりやすくお話します。また、継続的にLGBTの啓発を行うためにリーフレットの作成、パネル展の実施、ニュースレターの発行などを予定しています。


3.LGBT電話相談

毎月8回(1回5時間)のLGBT専用の電話相談を行います。電話相談を利用出来ない聴覚障がい者の方などは対面相談も可能です。


4.コミュニティスペース

毎月2回、コミュニティスペースを区民に開放します。家や学校では得にくいLGBTの情報をインターネットで得られたり、図書館などでは手に取りにくいLGBTに関する本を読んだりすることもでき、その人に合わせて自由に過ごす事ができます。また、専門の相談員による予約制相談会を実施します。


5.区民意識調査

淀川区民向けにアンケート調査を行い、淀川区LGBT支援事業の浸透度を調査します。


6.職員向けハンドブックの作成

淀川区、都島区、阿倍野区の3区が合同で「学校教職員向けLGBTハンドブック」をつくります。教職員として押さえておくべきポイントをコンパクトにまとめて配布する予定です。

Overview of activities (April 2015 to March 2016)


1. Opinion Exchange

Four times a year, ward staff members involved with LGBT issues will conduct an Opinion Exchange meeting.   Depending on the topic, staff members from different departments attend so we can connect real measures to discussion topics.  


2. Education and Understanding Activities

We will conduct two lectures to promote understanding of sexual minorities and LGBT issues.

One lecture will focus on workplace environment, and the other will focus on education. Both lectures will explain basic information about the LGBT community and issues they face so that it is easy people unfamiliar with these issues to understand.  

Additionally, to continuously further understanding in the community, we plan to make leaflets, implement a panel display, and distribute a newsletter among other things.


3. LGBT Hotline service

We will be offered a telephone consultation service for LGBT issues eight times a month (5 hours at a time). For persons with hearing disabilities who cannot make use of our phone service, an in-person consultation can be arranged. 


4. Community Space

Twice a month, we will open a community space for inhabitants of Yodogawa ward. Information that cannot easily be found at home or in schools can be freely researched on the internet, and books on LGBT information and issues that are often not found in libraries will be available to read. There will also be a special counselor available for consultations (appointment required).    


5. Ward Inhabitant Awareness Survey 

We will take a survey of Yodogawa ward residents to assess awareness and support for the LGBT community in Yodogawa Ward.  


6. Production of a staff handbook 

We will make a ‘LGBT Handbook for School Staff’  with the three congruent wards of Yodogawa, Miyako-jima and Abeno. We will compile important points to consider as a school staff member into a compact publication and distribute it in these wards.

2014年度

大阪市淀川区のLGBT支援事業とは?

 

「淀川区将来ビジョン」では、めざすべき将来像のひとつとして「個が自立し、人間の尊厳・人権を守る」を掲げています。淀川区役所は昨年9月に全国で初めて行政として「LGBT支援宣言」を発表しました。LGBTに関する正しい知識と理解を深め、少数者の人権を尊重したまちづくりを進めていきます。

今回淀川区は、2014年7月から2015年3月末までLGBT支援事業を実施します。この事業は、日常の社会生活で苦しんでいるLGBTの当事者や周囲の方々からの相談を受ける体制をつくり、「見えない」困窮者に対して支援の姿勢を「見せる」ことを目的としています。LGBTに関する正しい情報を発信することで淀川区に関わるすべての人が少数者の人権を尊重できるようになり、LGBT当事者が誇りを持って暮らせるだけでなく、多様な方々がいきいきと暮らせるまちを目指します。

 

4つの事業内容

1.意見交換会

毎月異なるテーマを設定し、LGBT当事者と区職員の意見交換会を実施します。テーマは、学校生活、家族、介護、DV、住居の問題、障がい者、医療、HIV、災害時支援、職場の困難などを予定しています。テーマに関係のある部局の職員が参加することによって、具体的な施策につなげます。

2.啓発活動

区民、区内企業、官公署職員向けに年間6回の講演・研修会を行います。基礎知識を学ぶ初級編、ワークショップを行う上級者編など、対象ごとに内容を工夫しています。また、ポスターやステッカーでの啓発に加え、毎月ニュースレターを発行し、職員からのメッセージや他の事業の様子を発信します。

3.電話相談

毎月8回(1回5時間)のLGBT専用の電話相談を行います。電話相談を利用出来ない聴覚障害者の方などは対面相談も可能です。

4.コミュニティスペース

毎月1〜2回、コミュニティスペースを区民に開放します。「セクシュアリティって何?」「レインボーグッズを作ろう!」「カミングアウトされた時どうする?」などのテーマ設定のあるイベントも開催します。イベントがない時間帯には、家や学校では得にくいLGBTの情報をインターネットで得られたり、図書館などでは手に取りにくいLGBTに関する本を読んだりすることができ、その人に合わせて自由に過ごす事ができます。

 

 

●HPアドレス   http://niji-yodogawa.jimdo.com/

●Twitterアカウント  @nijiyodogawa

●お問い合わせ   niji.yodogawa@gmail.com

Osaka City, Yodogawa Ward: Our LGBT Support Activities

   As part of “Yodogawa Ward’s Vision for the Future,” one of our goals is “individual independence and the protection of human dignity and human rights.” Last year in September, the Yodogawa Ward Office became the first in the country to announce public support of LGBT people. We are working to promote proper education about and a deeper understanding of both LGBT issues and minority issues in our community.

   From July 2014 to the end of March 2015, Yodogawa Ward will be carrying out special LGBT support activities. One of these involves establishing a counselling system for LGBT residents and those around them to help them with any issues they’re facing in their daily lives. In addition, we would like to present accurate LGBT-related information to everyone connected to Yodogawa Ward in order to deepen the community’s understanding and respect of minority issues and human rights. We hope that this not only helps our LGBT residents feel a sense of pride and comfort in their community, but also allows for everyone in our diverse community to be able to live their lives to the fullest.

 

Planned Activities:

1.Discussion Events

We will be holding events that give Yodogawa Ward employees a chance to exchange ideas with members of the LGBT community. The events will be held once a month, each with a different focus. Topics include school life, family, caregiving, domestic violence, housing issues, disabilities, medical care, HIV, disaster relief, workplace issues, etc. With the participation of employees whose responsibilities are directly connected to each theme, we expect to be able to specifically address practical solutions and real courses of action.

 

2.Public LGBT Awareness

Six times a year, we will be holding lecture events and training for Yodogawa Ward residents, businesses, and public employees. From learning basic information, to providing in-depth workshops, we will adapt the content to the target audience appropriately. Additionally, by putting up posters, distributing stickers, and printing a monthly newsletter that will include the voices of our employees as well as updates on our activities, we hope to spread useful information with a positive message.

 

3.LGBT Hotline

We will be setting up a telephone hotline for LGBT residents to discuss problems and get advice regarding various issues. It will be available eight times a month (for five hours each time). Those with hearing disabilities will be able to receive counseling in person.

 

4.Community Space

We will be setting up a special community space to be available 1-2 times a month. We’d like to hold events on various themes, such as “What is sexuality?”, “Let’s make rainbow goods!”, and “How to handle someone coming out to you.” Even when there are no events being held, the space can be used to access LGBT-related information online that might be difficult to learn at home or at school, read LGBT books that might be difficult to find in local libraries, and meet and talk with members and supporters of the LGBT community.

 

Homepage http://niji-yodogawa.jimdo.com/                  

Twitter   @nijiyodogawa

Contact  niji.yodogawa@gmail.com

訪問者数

LGBT電話相談

0570-009-918

ふるさと寄附金制度による淀川区への寄附金を募集しています